taca woodblast

出演日:真夏の夜の夢8/6(土)、ミュージッククルーズ8/7(日)

taca woodblast

taca woodblast

1977年岡山生まれ。
9才でアコーディオンを始める。20才でイタリア留学、その後パリへ。

クラシック・アコーディオンをFrederic Guerouet、ジャズ・アコーディオンをDaniel Mille、作曲・和声をDaniel Goyoneの各氏に師事。
2005年に仏クルヌーブ・オーベルビリエ国立地方立音楽院(コンセルバトワール)アコーディオン科を首席で修了。この間、フランスの世界的ジャズ・アコーディオニスト、リシャール・ガリアーノの知己を得る。仏マルシアック、シャテルロー、アンギャン、ドービルなどに加え、マダガスカルの国際ジャズ・フェスティバルに参加。
2007年のパリ・コレクションでは若手デザイナー前浜進作氏のショーのプレゼンテーションで演奏。国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)での演奏、ダンサーとの即興や歌手、ミュージシャンとのコラボレーション、実験音楽も積極的に手がける。 2008年にアルバム”風の谷”でデビュー。
2009年10月に2枚目のアルバム”la route de la soie / silkroad project”をリリース。
2011年、フランスのレーベル”Little Genius Entertainment”とアーティスト契約を結ぶ。
2012年に共同プロデュースにより3枚目のCD”Wind of Legend”を日仏同時リリース予定。

ご注意

小型無人機「ドローン」については、来場者の皆様の安全確保のため、フェスティバル開催期間中、会場周辺での飛行自粛をお願いいたします。

アクセス