7/23(土) ミュージッククルーズ ゲストミュージシャンのご紹介

7/23(土)から始まる「ミュージッククルーズ」。瀬戸内を五感で感じられる魅力的なものとなっています。 今回はクルーズ初日7/23(土)に登場する「Tsukasa」のプロフィールをご紹介します。

Tsukasaユニット

「心の灯りになる音楽を・・・」と、生きる力/心を大切に自作曲を奏でるヴァイオリニスト。 3歳よりヴァイオリンを始め、桐朋女子高等学校音楽科・桐朋学園大学音楽学部演奏学科を卒業。2004年・2006年にはウィーン国立音楽大学にて国際音楽セミナーに参加、優秀者コンサートに出演ののちディプロムを取得。大学在学時より、様々なオーケストラに参加している。卒業後は多数のジャンルや様々なアーティストに積極的に関わり、クラシックだけではない多方面で活躍。 2008年、ちびまる子ちゃんの作者さくらももこ氏とのコラボレーションにより生まれたソロアルバム「Sakura Classics」を春と冬に2枚リリース。発売1週間で大手音楽ダウンロードサイト「MUSICO」で1位を、月間ランキングでも3位を獲得する等、このジャンルでは異例のヒットを記録。収録曲「旅立ちの日に」が「ニュース930」(テレビ埼玉) のエンディングテーマに起用される。また、収録曲「lover」のスペシャルver.が NTTdocomo×日本テレビプレゼンツ・モバイル連続ドラマ「ダブル」の主題歌に使われるなど、話題を呼ぶ。 2013年9月、1stオリジナルアルバム「Tsukasa’s air」をリリース。日常の想いから幻想的な大自然まで、様々なものにインスパイアされた旋律/メッセージ性とファンタジーを併せ持つ独自の世界、また、ただ美しいだけではないその歌うような音色は、多くの人を魅了する。 発売前より、テレビ朝日「全英オープンゴルフ2013」「世界水泳2013」「もうひとつの世界水泳 魂ゆさぶる感動秘話」などで 収録曲が使われた他、「Maternal LOVE」が2014年10月より、清酒「宮の雪」のCMで起用される。 2016年3月、2作目の自作曲アルバム(ソロアルバムとしては4作目) 「Live LIFE」をリリース。 まるで一本の映画を観ているような、類い稀なる多彩な世界は、前作よりさらに深く、広く進化し、期待を裏切らない。 年100回以上のライブパフォーマンスを行い、ソロコンサートは毎回満員御礼となっている。イベントへのライブ出演も、ラ・フォル・ジュルネ「熱狂の日」音楽祭・お台場メモリアルツリー点灯式・JAXA(宇宙航空研究開発 機構) 月ギャラリー・NTTdocomo×日本テレビ渋谷109前特設ステージイベントなどをはじめ、多岐に亘る。 ソロ活動以外には、J-Popアーティストなどのレコーディングやライブサポートも務める。 2010年より、毎年東京ディズニーランド・東京ディズニーシーのメインショーに出演。 2011年からは、被災地にピアノを届けるプロジェクト『Rising Sun』のメンバーとして、継続的に支援活動を行っている。

残り席がわずかな日もございます。お申し込みは下記ページよりお早めに。

http://setouchi-summer-night2016.com/music-cruise/m-ticket

ご注意

小型無人機「ドローン」については、来場者の皆様の安全確保のため、フェスティバル開催期間中、会場周辺での飛行自粛をお願いいたします。

アクセス